img-1

税理士の決算の報酬の設定

税理士に対して支払う費用の1つに、決算の報酬というものがあります。
会社というのは、節目の時期などにおいて決算が発生するケースがとても多いのです。
その決算に対する様々な業務を税理士の方に依頼をした場合は、報酬を支払わなければなりません。

ちなみにその決算の費用以外に、毎月の顧問料などを支払わなければならないのですが。ところで、その決算報酬というの具体的にはどれぐらいの料金で設定されているものなのでしょうか。それは事務所によって、色々と異なっているものです。


目安としては全体の4割ぐらいの事務所は、10万円から20万円の幅で設定をしているという状況ではあります。それと5万円から10万円ぐらいの幅で設定している事務所は、全体の19%台という状況です。


さらに20万円から30万円の幅で設定をしている事務所は、全体の19%台という割合になっている状況です。したがって全体の8割近くの事務所は、決算の報酬は5万円から30万円の幅で設定をしているという状況なのです。

もちろん全ての事務所が、その数字で設定をしているわけではありません。5万円以上で設定をしている事務所は、全体の6%台という割合です。
そして30万円から40万円の幅で設定をしている事務所も、全体の7%ぐらいは存在します。しかし総合的には税理士の決算の報酬というものは、5万円から30万円の幅で設定がなされているケースが大変多いという状況です。

目立って多いのは、やはり10万円から20万円での設定です。税務に関する仕事を行う「税理士」は、国家資格です。

納税者の依頼を受け、主に「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」の業務を行います。


税に関する業務は「独占業務」であり、資格のない人が行えば、罰せられます。「税務代理」は、申請?申告の代理、税務調査の立会い、税務署への不服申立てや届出、などを行います。
自主申告?自主納税である法人税や所得税、相続税や贈与税などは納税者自身が計算しなければなりません。ですが、複雑な税法を理解することは難しい為、これを税理士が「申告?納税の手続きを代理」でします。


「税務調査の立会い」は、疑問点のある申告を行った場合、税務署は申告者に意見を聞いたり会計帳簿や証拠書類を調査します。


その時、税理士は納税者の代わりに説明や主張をしてくれます。


「税務書類の作成」は、確定申告、相続税?贈与税の申告、その他税務署に提出する書類を納税者の代わりに作成します。確定申告書?中間申告書や、決算書?中間決算所の作成、年末調整などが一番、業務として大きいものとなります。「税務相談」は、税金に関する疑問があった時に相談に応じるものです。他の業務は、財務書類の作成や、会計帳簿の記帳の代行、その他財務に関する事務を行います。


税のスペシャリストとして社会貢献をしている税理士は、一生有効の資格です。
一生価値の薄れることのない資格である為、試験の難易度は高いです。


高収入も望める為、男性だけでなく女性も年々多く活躍しています。

東京の法律相談の安心情報、今すぐ確認してみましょう。

弁護士の遺産相続の相談 関する情報選びといえばこちらのサイトです。

京都の相続の有益な情報の紹介です。

横浜の法律相談についてお答えします。

人気のある相続弁護士 の情報なら当サイトにお任せ下さい。

http://okwave.jp/qa/q7691274.html

http://www.sankei-digital.co.jp/advertising/pdf/hottopics/201403.pdf

http://top.tsite.jp/tag?q=%E6%B3%95%E5%BE%8B&sc_int=tcore_news_tag

関連リンク

img-2

税理士に税務代理を依頼する

税理士に税務代理を依頼することによって、スムーズに経営を進めることが出来るようになります。税金の処理は、複雑な法的解釈を必要とする難しい作業ですので何の知識もない一般の方が処理するにはハードルが高いものになっています。...

more
img-3

個人の確定申告と税理士

税理士という職業の方々の対象となる方は、主に法人です。各法人の会員企業には決算などに関する色々なコンサルティングを行っているものなのです。...

more